【世界一周 ペルー・ボリビア】クスコ⇒ウユニ

世界一周 南米編

世界一周 55~56日目 2019年4月 1ソル≒33円 1ボリビアーノ≒16円

クスコ⇒ウユニ バス移動

バスチケット購入

クスコ⇒ラパスのバスチケットは、ペルー国内でお世話になった「redBus」というサイトから、「tour PERU」という会社のチケットを購入しました。

料金は90ソル(約2,970円)でした。

India's No #1 Bus Ticket Booking Company, Volvo, AC and RTC Buses - redBus.in
Compare and Book online bus tickets in India. Find best prices and discounts on all Volvo, AC and sleeper buses in India.

また、ラパス⇒ウユニのバスチケットは下記のサイトから予約可能でした。

The best way to book your trip online | Bus & Trains | Tickets Bolivia
Search and book bus and train tickets online with our complete travel guide. Compare schedules and prices from different companies. Learn how to get to Salar De...

ラパス⇒ウユニのチケット料金はセミカマという2番目のグレードの座席で18.82USドル(約2,092円)でした。

グローバル・ゴリラ
グローバル・ゴリラ

バスのチケットはバスターミナルで直接購入も可能だったぞ。

どちらか好きな方法で購入しよう!

クスコ バスターミナルへ

クスコのバスターミナルは下記の位置にあります。

アルマス広場からタクシーで6ソル(約198円)でした。

早速「tour PERU」のカウンターに行き、ネットで購入したeチケットを見せます。

すると、窓口のお姉さんに何故か別のカウンターへと連れていかれ、チケットを印刷し始めました。

ここでラパスまでの移動の流れをお姉さんにきちんと確認すればよかったのですが、気にせずスルーしてしまいました。

時間が来たらバスターミナルの使用料を支払ってチケットにシールを貼ってもらい、搭乗口まで進みます。

ここでターミナル使用料を支払います。
料金は1.4ソル(約46円)でした。

バスを待っているものの、「tour PERU」のバスはどこにも見当たりません。

仕方がないのでチケットを見せて周りの人に聞きまくると、「HUAYRURO TOURS」というバスまで案内してくれました。

ヒキメガネ
ヒキメガネ

確かに印刷されたチケットに「HUAYRURO TOURS」って印刷されてる。。。

目的地も「PUNO」って書いてあるし。。。

ちゃんとチケット見てお姉さんに確認すればよかったー!!

無事にラパスに行けるのかな??

不安MAXですが、搭乗時に名簿の確認がOKだったので、バスに乗り込みました。

プーノ バスターミナル

翌朝、チチカカ湖のほとりの町、プーノのバスターミナルに到着しました。

添乗員さんに「ラパスに行きたい!どうすりゃいいの??」と質問しまくったところ、ターミナル内のカウンターまで連れて行ってくれました。

「 HUAYRURO TOURS 」のカウンターのお姉さんが「tour PERU」の人とやり取りしてくれ、無事にラパス行きのチケットを手に入れることができました。

ヒキメガネ
ヒキメガネ

スペイン語をろくに話せなくても、必死に話せば伝わるもんですな。

これからはバス乗る前に乗り換えがあるかとかちゃんと聞いておこう。。。

バスターミナル使用料として1.5ソル(約49円)を支払って、ゲートをくぐりバスに乗り込みます。

バスの中でボリビアへの入国書類が配られたので、記入すると添乗員さんが回収してくれます。

ヒキメガネ
ヒキメガネ

ボリビアへの入国場所やバスの番号はわからなかったので空白のままにしておきましたが、添乗員さんが書き込んでくれたので問題なかったです。

Desaguadero(デサグアデーロ)

ヒキメガネを乗せたバスはボリビアとの国境の町である「デサグアデーロ」に向かいました。

ここでペルーの出国手続きとボリビアの入国手続きを行います。

ヒキメガネ
ヒキメガネ

バスでラパスに向かう場合に、「コパカバーナ」という町から国境を越える方法と、「デサグアデーロ」から国境を越える方法と2通りあります。

「デサグアデーロ」はネットの情報ではボリビア側に悪徳警官がいて荷物やお金を盗むという情報が散見されていました。

ただ、実際に行ってみるとイミグレーション用の立派な建物が建っており、非常にスムーズに出国・入国することができました。

イミグレーション用の建物。
ペルー出国・ボリビア入国をまとめて行えました。
ヒキメガネ
ヒキメガネ

ちなみに、イミグレーション前に両替所によってくれるので、ペルーで余ったソルや米ドルなどを少し両替しておくといいかと思います。

ラパス

デサグアデーロを出発し、そのままバスに3時間弱揺られていると、ラパスのバスターミナルに到着しました。

グローバル・ゴリラ
グローバル・ゴリラ

ちなみに、チチカカ湖を横断する「コパカバーナ」経由のルートは、チチカカ湖の南端を通る「デサグアデーロ」経由のルートに比べて3~4時間ほど後に到着したぞ。

「コパカバーナ」経由のルートは、チチカカ湖を渡るボートやその後の道が揺れすぎて、相当なダメージだった。。。

今回はラパスで宿泊せずに、20時出発のウユニ行きの夜行バスに乗る予定なので、バス停付近をうろうろしていました。

ヒキメガネ
ヒキメガネ

なお、ペルーとボリビアでは時差が1時間あるので、時計を合わせておきましょう。

最初そのことをしっかり失念していて、売店の時計を見たときにハッと気づきましたが、もし気づかなかったらバス乗り過ごしていたかも。。。

ラパスではロープウェイが交通手段になっているようで、あちこちで見かけました。
山の上まで建物がビッシリでした。
ラパスのバス停近くで販売していたパパイヤ+ヨーグルト。
結構量がありましたが、わずか5ボリ(約80円)。

そのまま20:00頃まで時間をつぶし、バス搭乗時刻になったので乗り込み、ウユニに向けて移動を開始しました。

グローバル・ゴリラ
グローバル・ゴリラ

夜行バスはなかなか体力を使うから、無理せず計画的に使うといいな。

疲れているときは、セミカマではなくカマ(グレードの高い座席)を使うとぐっすり眠れるからおすすめだぞ!

バス情報まとめ

最後に、今回使用したバスの情報をまとめておきますので、よろしければ参考にしてください。

クスコ⇒ラパス

  • バス会社:tour PERU(プーノまではHUAYRURO TOURS)
  • 料金:90ソル(約2,970円)
  • 座席:セミカマ
  • 購入方法:Webサイト(https://www.redbus.in/)
  • 出発時間:22:00頃 クスコ発
  • 到着時間:14:00頃 ラパス着
  • 経由地:プーノ(ここでバス乗り換え), デサグアデーロ

ラパス⇒ウユニ

  • バス会社:TRANS OMAR
  • 料金:18.82USドル(約2,092円)
  • 座席:セミカマ
  • 購入方法:Webサイト(https://www.ticketsbolivia.com/travel-by-bus/la_paz-uyuni.php)
  • 出発時間:20:00頃 ラパス発
  • 到着時間:6:00頃 ウユニ着

コメント